初心者ガイド

【獅子の如く】主城移転の方法と移転する時の注意点を解説

2022年3月24日

こんにちは、りょうです。

主城移転の方法と注意点について解説します。

主城の移転は成長するうえで必要不可欠なので、注意点を踏まえて主城を移転しましょう。

主城移転とは

主城移転とは、主城の位置を変更することで、引っ越しを意味します。

支城を建設し、移転を選択することで支城が主城となり、移転が完了します。

城レベル14になると二級資源地に移転可能になり、城レベル22になると一級資源地に移転可能になります。

主城移転のメリット

資源生産量が増える

二級資源地や一級資源地は土地のレベルが高くなり、生産される資源の量が増えるため、資源が貯まりやすくなります。

そのため、主城の移転は育成するうえで1番重要な要素のひとつです。

ただし、野武士や一揆のレベルも資源地ごとに違うため、移転直後は主城の近くに倒せる野武士がいないこともあり得ます。

その場合、三級に砦を立ててそこから野武士を倒しましょう。

賊徒を倒せる(二級)

二級資源地に移転すると、賊徒を倒すことができます。

賊徒からは姫武者育成用のアイテムや、戦策、名品を入手することができます。

主城移転の方法

主城移転の方法を解説します。

支城研究を行う

城レベルと学問所レベルが支城研究の可能なレベルに達したら、支城研究を行いましょう。

支城研究が二級資源地移転のための研究で、重要・支城が一級資源地移転のための研究です。

学問所が一定のレベルに達していないと研究できないため気を付けましょう。

資源地 研究名 学問所レベル
二級資源地 支城 レベル14
一級資源地 重要・支城 レベル22

移転先を選ぶ

支城研究が完了したら支城を建てる移転先を選びます。

移転先がすでに埋まっている場合は、一族のメンバーに相談するか、移転先のプレイヤーに連絡して許可をもらいましょう。

少し勇気が必要ですが、それでも移転するほうがメリットが大きいです。

支城を建設する

場所が決まれば支城の建設を開始します。

建設には糧秣と銅銭が必要なのであらかじめ貯めておきましょう。

建設完了まで10時間以上かかります。

支城で移転を選択する

支城をタップし、移転を選択すると移転完了です。

このとき、出征している部隊がいると移転ができません。

また、鉱山に部隊を派遣していても移転は可能ですが、鉱山からの距離が遠くなるので気を付けましょう。

土地を確保する

移転が完了した直後は土地をひとつも確保していない状態なので土地を確保しましょう。

村落も忘れずに普請します。

移転先が無いときの対策

移転先にすでに他プレイヤーが移転していて場所が無いことがあります。

そのときに移転するために必要なことを紹介します。

一族メンバーに相談する

一族メンバーであれば多少主城が近くても許してくれる人がいます。

まずメンバーに相談し、近くても問題ないようであれば移転を開始しましょう。

引退者を探す

主城があるけど獅子の如くを辞めてしまった人を探しましょう。

辞めた人であればすごく近くに建てても問題ありません。

辞めたかどうかの判断は、土地が少ない、一族に入っていないの2点を確認しましょう。

移転時の注意点

他プレイヤーと距離を確保する

移転するとき、他プレイヤーとの主城の距離をある程度空けるようにしましょう。

目安として、最低10マス空いていればまず大丈夫ですが、移転する前に一言挨拶しておけば確実です。

一族メンバーの近くに移転する

一族メンバーの近くに移転すると、トラブルも起こりにくく、イベントにも参加しやすいのでメンバーの近くに移転することをお勧めします。

確保できる土地レベルを確認する

せっかく移転しても、近くに高レベルの土地が無ければあまり意味がありません。

可能な限り高い土地レベルがある場所に引っ越すといいでしょう。

主城を移転して資源を確保しよう

主城移転しないと資源が枯渇して成長が止まってしまうことになります。

できるだけ早く移転することが成長への近道になります。

替符を無料でゲットする方法を紹介

替符を無料でゲットする方法を紹介します。

この方法を使えば我慢していたイベントへの参加をどんどんできるようになりますよ。

>>替符を無料で入手できる?入手方法と手順を一から解説

無課金でも、霊猫イベントで小屋を改装したり、本田正信をゲットしたい人はぜひ入手方法を確認してください。



-初心者ガイド

© 2024 ゲームログ Powered by AFFINGER5